So-net無料ブログ作成

脳♪仲間/「もやもや病」ってどんな病気?症状は?治療法は? [ブログ]

もやもや病が発覚してから、「自分も脳外科の手術をした」という話をよく耳にする。

お向かいの家の奥さんのお友達。

くも膜下出血で倒れたが、何の後遺症も無く、車で毎日のようにお向かいに遊びに来る。

近所のガソリンスタンドの兄ちゃん。

退院して、一ヶ月ぶりに給油に寄ったので、「脳の病気で入院してたん。手術するかもしれない」と、話したら

「そうなん?俺も、てんかんの手術したよ、ほら、傷跡 」

見せてくれた。

同級生は8年前に脳梗塞をやっているし、県内の脳外科医にやたら詳しかった。

病気の話なんて、なかなかしないからね…

聞けば、よくある事なんだ…。



スポンサーリンク








「もやもや病」ってどんな病気?症状は?治療法は?

徳永英明さん(55)は、その症状について「言葉がうまく話せなかった。歌っていてもテンポが遅れることがあった」としています。

「もやもや病」とはいったい、どんな病気なのでしょうか。

右側が正常な脳の写真、左側がもやもや病と診断された患者の脳の写真です。

正常な脳には数本の太い血管だけが見て取れますが、もやもや病にかかった脳の写真は太い血管が途中で途切れ、それとは別にモヤモヤと煙が立ち上るように見える細い血管が写っています。

これがもやもや病と呼ばれるゆえんですが、脳に血液を運ぶ太い動脈が詰まったことで、それを補おうと、いくつもの細い血管ができてしまうと、このような状態になるということです。

脳の血流が悪化する脳虚血や細い血管が破れる脳出血になる恐れがあるもやもや病は、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)などで早期発見が可能ですが、まだ原因が分かっていない難病です。

現在、日本国内の患者数は約1万5000人に上り、これは欧米人に比べて多いそうです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000069636.html



スポンサーリンク





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(20) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 20